■自家産活えさ■ ご家庭で繁殖できる生きた餌百科事典

mijinko_cuteone
▲表紙画像はカワイイのを選びました
金魚の死体や虫の拡大写真をペタペタ貼りまくってきたブログで今更かもしれませんが
!!!!!!!!!!
!!!観覧注意!!!
!!!!!!!!!!
!!!CAUTION !!
!!!!!!!!!!
ムシの写真ばかりが大量に貼られた記事になっています。
蚊が孵化する瞬間を捉えた写真も出てきます。
BE READY TO WATCH SOMETHING DISGUSTING

昆虫に詳しい人を昆虫博士と言うなら、
僕はその逆で 昆虫音痴 とでも言うべき無知無知ムッチ無知人間なので
名前等が間違っていたり、カテゴリーを大きく勘違いしていた場合は 
発見次第、速やか かつ やんわり とご指摘ください。m(_ _;)m

※生き餌(いきえさ) と 生餌(なまえさ) 
は一文字違いで紛らわしいので
生きている餌を 活餌 と書く事にします。

< ミジンコ >

◆カイミジンコ
pikopiko
pikopiko_movin
硬そうですが稚魚でも食べられるようです。
殆ど噛まずに飲み込んでいるかもしれませんけど。
ミジンコの中では大きなほうですので居れば直ぐに見つけられます。
ゴマほどの大きさはありませんが、見た目はゴマか植物の種のよう見えます。

◆ケンミジンコ
ken02

ken_01
kencyan
ミジンコ界のビュンビュン系で、サイズの割には最も高速移動する近未来タイプのミジンコです。
シューティングゲームでオプションが付いて最強になったように見えるのは武器ではなく、そいつのお子様のようです。
左右につけてバランスを取る事で高速移動の妨げにならないようにしているのでしょうか?アタマイイデス。
速すぎてピントが合わないのでこれが精一杯です。

◆代官山ひよこ饅頭(仮名)
daikan_detail
mijinko_daikanyama
daikan_overview
daikan_00
名前が分かりませんが、普通の ミジンコ 又は タマミジンコ に似たタイプです。
見た目は  少しお洒落な服を着たヒヨコまんじゅう  という感じです。
なんか知らんけど猛烈に爆増しました。 最初沈殿したゴミだと思いスポイトで吸って捨てそうになりましたがシャーレ上で動いているのに気が付いてミジンコだと思いました。
何も与えていないのに爆増しておどろきました。

< 蚊 >

◆ボウフラ
boubou_large
既に記事にもしましたがとにかくすばらしい活餌です。
またどの金魚も一度口に入れて味を覚えると狂ったように探し回ります。
いつかはお腹いっぱい食べさせてあげたいです。
増えるときはパチンコで当たった時のように、どばっと増えますが
成長が早いので長期的に引っ張ることも出来ず
供給が安定せず主力の餌として与え続ける事は困難です。
また成長が異常に早い為、タイミングを逃すと蚊になるので時限爆弾と共に暮らすようなスリルとサスペンスも付いてきます。
ギリギリまで大きくして孵化直前にスポイトで捕獲して稚魚に与えた時の達成感 はハンパないです。

◆アカムシ(ユスリカの幼虫)
yuriaka_movin_
bloodwarm
これは冬の終わりから春先までに大量に出ます。
その後は何かに食べられてしまうのか?高温で溶けてしまうのか?
大量に見る事が少なくなります。
とはいえ、濾過装置のウールの下のスノコの裏や水作エイトの中などにびっしりと湧くこともあるので夏でも増やせるとは思います。
特徴は有機物で作ったトンネルの中に入って成長する事で、多くの場合は苔等を使うのでそのまま採取すると
アカムシの青野菜巻きとなり金魚にはお肉もお野菜も食べさせられます。
boufura_nyoronyoro
2014_chigyo_ENV_boufura
akamushi_nesting_01

akamushi_working
▲水中の匠(たくみ)のお仕事風景

◆ダースベーダーSD(仮名)
★注意★
カナダのサイエンス番組を見ていたら ボウフラのような形のものから これが出てくるシーンがありました。 ピューピーというかわいい名前で呼ばれていました。 ですので以下の記述(ボウフラとは別説)が正しいのか? ボウフラの進化形説が正しいのか? 現時点では不明ということにしておきます。
その後は以下の記述どおり蚊になります。
★/注意★
boufura
コイツだけは消化能力が高まっていない稚魚には与えないほうが良いと思います。
今年のメンバーはここまで病気も無くトップコンディションを維持している為問題なく消化できるようですが、2年前はベストメンバーが転覆した餌です。
見るからに硬そうですし・・・
これも名前が不明ですが、孵化を確認しましたので蚊の仲間です。
常にボウフラとセットで見ていたのでボウフラが大きくなるとこの形に進化すると思ってましたが
こいつの赤ちゃん時代は別の形体である事が判明
db_baby
その後の追跡調査(ガラストラップ内で孵化させ逃げられないようにしてその姿を確認)で蚊であると判明
なんか凄くカワイイ生き物が出てくるかも?という期待もあったので残念です。
孵化前はあんなにカオデカでカワイイのに!
ka_trap
trapped_ka
ka_transorming
ka_kara
※実験に使用した食材は全てスタッフが美味しくいただきました。
 =調査後もトラップ内で死なせてから金魚に食べさせました。

< UNIDENTIFIED >
mizumimizukei
◆ミズミミズ的なニョロリン(仮名)
頭が黒くミズミミズのような生き物ですが何かは分かりません。
蛆虫にも見えます。
最近のアメドラに例えるなら THE STRAIN に出てくる謎の生命体みたいな形です。
アカムシになるのかな?とも思いましたが
同じサイズのアカムシ(確定)は数日で家を作りその中に入って暮らし始めましたが
こいつらは、仲間同士で 絡み合ってもだえ合うだけで特に何かを生み出すような生産活動をしませんでした。
mizumimizu_00
また泳ぎ方もアカムシのそれとは別物です。てか泳げません。
おまけに何週間も放置していてある日見てみると 発見時とは比較にならない程やせ細り死にかけていました。
何のために大量に発生したのか?何になりたいのか?何が食べたいのか?
全て不明のため、最近は発見次第(マルマルと太いうちに)稚魚に食べさせます。

microscopicanimal_01
microscopicanimal_02
▲他にもレーザービームくらいは出せそうな、又は 打ち落とせればボーナスポイントが入りそうな形の何かも居ますが 忙しいので そっ としてあります。

活餌がすばらしいのは、これら全てが金魚と共に水中で共存でき、金魚に食べられるまで生きているので水を汚さないし、比較的大量に食べても水質悪化の懸念が少ない事です。
つまり初心者にも安心で便利な餌です。
また栄養価としてもアカムシ等はビタミン群を吸収しやすいまま蓄えているので稚魚だけでなく成魚にもご馳走として与えて秋冬の過酷な温度環境に耐える体を作って欲しいです。

このように人工餌だけではカバーできない生きた栄養を水質悪化の懸念も殆ど無く比較的簡単かつ大量に与えられる夢の餌です。

3syu_00
setup
秋の後半から春先までの期間はなかなか難しいですが、それ以外の時期なら試してみれば簡単に出来ると思います。
1階や低層階にお住まいなら飼育水をタライやコンテナに入れて屋外に放置しておけばOKですし、

mizukusa_3
高層階で虫が来ない場合は、水草を買ってきてそれをタライの中でジャブジャブ洗ってその水を捨てずに放置していればミジンコ等が増えるかもしれません。(このとき水草を1本入れておくか、洗った時の水草の残骸がいくらか残っていれば条件的には、より良いと思います。)

「■自家産活えさ■ ご家庭で繁殖できる生きた餌百科事典」への4件のフィードバック

  1. あ!これこれ!このUNIDENTIFIEDの謎の生命体が我が家にも発生したミズミミズに似たヤツらです。
    いろいろ調べるとミズミミズにもいろいろいてその一種と書いてあったけど、黒い頭部からしてミミズなどの環形動物ではなく、何かの幼虫っぽいのですが、どうでしょうかね。
    我が家で確認出来たのはボウフラ(少量)とケンミジンコ。そして1mmほどの水生昆虫、藻などでした。どれも金魚の餌になりました。
    こうやってみると動物性タンパク源、植物性タンパク源がどこからともなくやってきて発生しますね。
    もし、田舎に住んでいればもっと多種多様な生命体が拝めそうですが、我が家は東京のへそみたいなところなので非常に限られてます。
    楽しいですね。ミクロの世界に目を向けると。(^-^)/

    1. オアナーザさん こんばんは。

      >ミズミミズらしきもの
      すみません。別容器に入れて閉じ込めたりしながら孵化とか変体するのを待ちましたが特に変化無しでした。 アミエビを食べるのか分かりませんがシャーレの中ではアミエビにみんながまとわり付いていました。

      >我が家で確認出来たのはボウフラ(少量)とケンミジンコ。
      ボウフラが少量でも確認できたなら金魚の居ない容器に飼育水を入れて放置していれば大量に発生させられるタイミングも未だ未だありますね。 うちは最近産みに来ませんが来たら大小さまざまなサイズを大量に産んでいくので大きなものから順に食べさせていれば1週間ほど毎日ボウフラハッピーアワーを開催できます。 踊り食いが癖になるのか?どの金魚も狂ったように2匹目3匹目を探します。 それが見たくて与えている部分も大きかったりしますw

      >楽しいですね。ミクロの世界に目を向けると。(^-^)/
      そうですね。マイクロスコピックアニマルとかいう趣味の分野もあるようですね。 

  2. 家でも金魚を飼っていて、とても参考にさせてもらいました。ボウフラや、ミジンコなどはメダカの水槽の中に居たのでらくに採取出来ました。

    1. かもりんさん こんばんは。
      お役に立ててよかったです。
      更に最近見つけたのですが
      ミジンコは一度水槽に放つと意外にも長生きしたり勝手に繁殖して増えたりします。 勿論金魚が見つけられる場所で行えば全て食べられてしまいますが濾過装置の中で起きるとすごい時があります。
      濾過装置の掃除をする時はバケツに水を入れてその中で洗い次の天気の良い日まで置いてみてください。生き残っていれば結構な数のミジンコがそのバケツから採取できます。

コメントは受け付けていません。