【注意】金魚シーズンに金魚屋さんに行くと起きてしまう事件

bal_00
仕事が忙しくて買いに行けないままで
遂に冷凍アカムシがなくなり数日が経過したので
そろそろ買いに行こうと、息抜きがてら仕事を中断して金魚屋さん(正確にはHC内のペットショップ)へ行ったら超カワイイ金魚が2匹、家までついて来るという事件が起きました。

いつも冷凍アカムシだけは車で40分ほど離れた大きなホームセンター内のペットショップまで買いに行きます。
そこは常時数百枚の冷凍アカムシをはじめ、かなりの種類の冷凍餌を在庫しておられるので多くの方が買いに行かれていると思われる場所です。
昔は、キョーリンが安い冷凍アカムシを販売していて何処でも買えましたが、今はクリーンアカムシとか、UVアカムシのような金魚には勿体無い高価なアカムシしかないので、わざわざ安価なアカムシを買いにそのお店まで行きます。
かなり売れているようで、何時行っても真っ赤で中に氷が全く出来ていない新鮮な冷凍アカムシが入手できます。
また田舎にある巨大ホームセンターなので金魚の数や種類も多く、有名産地の大きくて立派な個体も扱いがあるので見ていてとても楽しいです。

という事で、そこまで車で行き、遠路はるばる来たので金魚を1周見てからアカムシを買って帰るのが毎回の巡回ルートですが、
今回は最後に見たオランダの水槽に な な なんと!
自分の脳内でこれまでに映像化してきた理想のオランダを遥かに越えた ウルトラ超級プリティな バルーンオランダちゃんが わいわいとプールパーティ状態。

ドラマで言えば、日雇いのバイトでクソ暑いのにお金持ちの豪邸の庭の植木の手入れをしに行くと その横のプールで  ウルトラ超級プリティなビキニのおねいさん達が飛び跳ねて キャピキャピはしゃいでいる光景・・・・  とは少し違いますけど、だいたい そんな感じの衝撃でした。 (昭和すぎる発想でゴメンナサイ)

丁度そのとき、またまたドラマに例えれば 永遠のライバル みたいな役の人が出現。
もじゃもじゃ頭のお金持ちそうなオバさんが、金魚売場に キャンキャンワンワン と吠えまくる犬を連れてご登場。(斜め横に犬売り場アリ)
何となく 嫌な予感というか、 
このままでは
「この水槽からあの水槽までの金魚を全て大人買いするザマス」
とか言われては洒落にならん!と思い
急いで店員さんを連れてきて 2匹を無事保護する事に成功、冷凍アカムシも居るので オバさんの大人買いは見る事無く 即帰宅。
bal_justarrived

ここからは 毎回同じで恐縮ですが
まず、袋を金魚部屋の水温に合わせるため浮かべておきます。
bal_temp_balancing

温度は前回同様、非接触タイプの温度計で測定するので袋を開ける必要がありません。
レーザーが当たっている部分の温度が計れます。
bal_temp_surrounding

bal_temp_inside

温度あわせ完了後 塩水浴に入れる前に
身体測定しました。
bal_no2_00
▲2匹とも体長が4cm以下でちびこくて可愛いです。
 少し状態が悪く 2匹とも尾びれにブラッドストリークが出ています。
 今後の飼育で水質改善して徐々に治療するしかありません。
それ以外にコンディション的な問題は無く、車で40分ゆられて運ばれてきた割には元気です。 でも餌は与えていません。
bal_no1_00
▲上の写真のサラサのほうは肉肉したカシラが気に入っていますが、
僕は金魚といえば、この写真のような素赤が大好きで、
特にヒレの先が白いのがすきです。
今回初めて背びれまで白いタイプを入手し、かなり興奮しています。

その後、0.5%塩水に入れ数日は旅の疲れを取ってもらいます。
bal_saltbath

<次の日の朝>
bal_poo_01
▲ウチに来て初めての糞をしました。
やはり金魚専門店ではなくホームセンターのペットショップなので餌は人工餌のみのようで、色が黄土色です。
2号&3号、まるちゃん&カクさんの時とは大きく違う点です。
また半分の糞が全て細長くなってしまっているので
ストレスを与えてしまったのか、温度差や水質の違いでコンディションが低いのか分かりませんがしばらく安静にしておきます。
ウチはホームセンターと違い夜間は寒くなるように窓を開けていますのでその事に慣れていないのかもしれません、
今日、もう1日だけ餌を与えない事に決めましたが、昼以降暑くなり、エサクレで暴れるようなら 苔でも与えておきます。
見た目は昨日と同じく 元気モリモリですので様子を見ながらこの元気さを維持していきたいです。
《補足》
このように糞を見ればその時の金魚のコンディションやそれまでの飼育環境が想像できます。 金魚が来てから初めての糞はよく観察する事をお勧めします。未だ未だ本調子ではない金魚にドバドバと餌を与えると問題が出やすいので自分の環境に慣れていない間は様子を見ます。
しかし、そんな時でも 苔等、三種の神器餌は悪さをしませんし、消化も抜群なので人工餌や冷凍アカムシより安心です。 

ちなみに
ora4_poo
▲これがまるちゃん&カクさん達の初めての糞
バランスの良いコケ入り糞
(養殖場から購入・白点病&タグギロ寄生&マツカサを発症中)

黒オランダの糞です
▲黒オランダ2号&3号の初めての糞
アカムシと人工餌の混合?
(特に問題なく元気・お店の管理状態も最高)

と、こんな風に違います。

話を 新入り2匹に戻しますが・・・・
お店で見たとき思ったのは
金魚が泳いでいるというより・・・顔が泳いでいる感じ。
それくらい顔がデカいです。
獅子頭らしい肉の付き方で、エラ蓋までしっかりと分厚いので僕としては 呼吸困難になるほど興奮しながら見ています。ハァーハァー

バルーンオランダは僕が飼育を始めた頃は良く売られていましたが
現在では 旬 は過ぎたような感じでなかなか売られているのを見ませんでした。
転覆しやすいから・・・と金魚屋さんがおっしゃってました。
それでも時々、見る事がありましたが、買おうと思うほどの個体を見たことはありませんでした。
大体が カシラ部分の成長不良で左右からプレスしたように顔が細いのが多いです。
そんな中
今回は、発見から購入決定まで1分とかかりませんでした。

黒オランダの時もそうでしたが、いい買い物しました。
黒オランダは色が茶色だったので980円でした。
今回の2匹は未だ小さいのでこれだけのカシラでも490円でした。
もう少し完成してれば値段は数倍です。
bal_no1_cup
特に黒オランダは2匹がオスと判明しメスを探しに行くと2980円に値上がりしてました。
(その値段を見たとき、複雑な心境でしたが、茶色いうちに安く入手して自分で黒く出来たので半分は嬉しかったのを覚えています)
ちなみに2980円の黒オランダは茶色ではなく真っ黒で、2号3号よりも少し大きめで体が長いタイプばかりで購入は断念しました。
だから現在までに購入した金魚は全て1000円未満、つまり3桁圏内です。
とは言え、
これらの金魚達は長期的に見れば、何十倍、何百倍のお金をパクパク食うので
金魚の個体の値段を抑える事にこだわっても やせ我慢とか 自己満足に過ぎないかもしれませんが、なんか楽しいのでそれ以上深く追求せずにいますw

僕が特に高い金魚とか XX産 とかは手を出さないように庶民的なチョイスにこだわってきたのは理由があります。
写真を撮影する仕事としてはブランド金魚も魅力的と思いますが
自分で長期的に飼育する事を考えると
僕は室内飼育ですし、水槽も60cmまでしか持ってないので
直ぐに形を崩してしまうだろう・・・とか 狭い環境では大きな金魚には可哀そうと思ったりするので
室内飼育&MAX60cm水槽の間は その環境でのびのびと生活できるサイズの金魚を型崩れなどに関して気にする事無く自由に育てて楽しみたいと思っています。
いつかは大きくて立派な金魚が優雅に泳ぐのをゆっくり眺めたりしたいですが、今はお店で時々見る程度で十分です。

名前ですが、これまで、
僕は見た瞬間に頭に浮かんだワードで名前を決めてきましたが
2匹とも特に何も思いつかないので
未だ名も無き2匹ですが 成長がとても楽しみです。 
2号・3号共に本ブログのマスコットキャラとして活躍してもらいたいと思っています。
カラーリング的には まるちゃん&カクさんと被りますけどw

「【注意】金魚シーズンに金魚屋さんに行くと起きてしまう事件」への6件のフィードバック

  1. バルーンオランダ購入おめでとうございます。
    可愛く美しい品種ですね。頭が大きい。
    >>日雇いのバイトでクソ暑いのにお金持ちの豪邸の庭の植木の手入れをしに行くと その横のプールで  ウルトラ超級プリティなビキニのおねいさん達が飛び跳ね…

    とても分かりやすい例えですね。そのお気持ちわかります。
    わたくしは綺麗すぎる魚よりもどこか汚らしく狂気を秘めた魚に惹かれる傾向がありますが、金魚は特例です。
    女性的な視点で見ているからなァ。
    新しい看板金魚が加入して、より一層飼育観察を楽しまれ、そしてわたくしも訪問が楽しみです。

    1. オアナーザさん こんばんは。
      ありがとうございます。
      既に2匹とも飼い主を認識して逃げなくなりました。
      餌付けしなくても認識するとは賢い奴らです。
      今朝は苔ではなくきちんとした餌を与えてみたら超高速で移動して食べるので超カワイイです。

  2. かわいいですね〜。
    僕も近所のショップにバルーンオランダが入荷するたび、連れて帰りたくなる衝動と戦っていますので、金魚部さんのお気持ちよく分かります(笑)

    またかわいい姿、ブログで紹介してくださいね。楽しみにしています。

    1. 金魚のめがねさん こんばんは。
      バルーンオランダ
      この顔で 「連れて帰って!」とパクパクされると、抵抗できなくなりました。
      2匹とも 既によく懐いていて可愛さ倍増です。
      このアングルなら分かりやすいと思いますが、このサイズで既に、目の下から後ろへの肉の回り込み等、シシガシラの基本形状が完成してるので将来がとても楽しみです。

  3. こんばんは、金魚部さん。

    本を買ったのですけど
    フラフラちゃんのお世話が、まさにこの方法なので
    ちょっとビックリしました。

    とは言ってもぉ・・・
    小心者の私は、とても「どんぶり」は無理で
    小ぶりな睡蓮鉢ですけど・・・(^_^;)
    でも、とっても仲良しですよ♪

    もともとのヒントは、金魚部さんのバケツ2個塩水浴からなので
    金魚部さんの方が先ですね?! ふふふ。

    ところでその後、黒オランダ坊達はいかがですか?

    1. 蓮茶さん こんばんは。
      その方法、フラフラちゃんには勿論、蓮茶さんに合っているのかもしれませんね。
      この方法は几帳面な人向きなので、僕は塩水浴とか治療の時しか出来ません。 水換えを毎日継続するなんて凄いです。

      おかげさまで黒オランダは2匹とも偽装転覆のクセが無くなりました。 秋の温度下降時に確認しない限り完治とはいえませんが、遂に偽装転覆も治せるようになったかもしれません。
      とは言え、治療法は普通の転覆病と同じ+芸ですけど。
      最近は2匹とも水中のギャングのような感じで大暴れしています。 3号は未だ時々動きが鈍りますが少し前なら偽装転覆していたような休憩中も今は水作エイトにアゴをのせて休憩するというスタイルがお気に入りのようで、裏返っての休憩は見なくなりました。 実はある芸を覚えさせた結果このような事になりました。 またそのうち記事で書きますが金魚って本当に賢い魚ですね。

      でもいい事ばかりではありません。
      不注意からバルーンオランダを死亡させてしまいました。
      (T-T、)
      最近どうも注意散漫で、次々に失敗を重ねた結果、起きた事件でした。 残念でなりません。 

コメントは受け付けていません。