オールガラス水槽

allglass_zero
これまでの飼育の殆どは枠付きの水槽で行ってきましたが、今年になってからオールガラス水槽を購入したのでその使用感や普通の水槽との違いに関してです。

オールガラス水槽購入時のポイント

僕が個人的に気になるポイントのみを書きます。

シリコンに関して

何に注意して購入すべきか?
ネットでも様々な議論が交わされていますが
購入後、使用後も含めて
僕が気にするポイントは ただ1つ
シリコンの仕上がり具合の綺麗さ
です。
とは言っても
そんなに近くでシリコンばかり見ているわけではないので
とんでもなく汚い仕上がりのもの以外はOKです

そもそも扱い難いオールガラス水槽を買う理由は
美しさだと思います。 
つまり、お部屋のインテリア性の高さ。
そんな理由で買うからには見た目は最重要です。
そこで最も気になるのがシリコンの仕上がりです。
これがガタガタだととても目立ちますし折角のオールガラス水槽が台無しです。

枠付きの水槽はプラスチックとかの色んなパーツがごちゃごちゃ付いていますが
オールガラス水槽は ガラスとシリコンのみ。
ガラスは今の技術なら見た目は完全に均質でフラットなので気になるポイントは
殆どありませんので、シリコンの仕上がりが水槽の見た目を大きく左右します。

実際、購入前に店舗に置かれている水槽を見て回り、幾つかのメーカーの製品が綺麗だと分かりました。

個人的には日本の有名アクアメーカーさんのものは特に問題が無く綺麗で丁寧に思いました。
(完璧ではありませんが、細かな部分は気にしなければ問題ないレベルと判断しています)
また海外メーカーさんのものも 僕は個人的にokの範囲です。
(こちらは少しシリコンが多めにぶちゅーって付いてたりしますが金魚用としてはOKと判断しています)

※これらの判断は、細かな部分が気になる方には
 同意していただけないレベルだろうと思います。
 僕は 水を入れて金魚を泳がせている状態で気にならない程度ならokで
 基本的には余ほど酷くない限り気にならない人間の意見として捉えてください。

allglass_kotobuki_long
▲KOTOBUKI 30cmキューブ

allglass_eheim_long
▲EHEIM 60cm

ただし、苔などを生やすと少し目立ってきます。
普段は気になりませんが、細部を含む写真などを撮影するとこのように目立ちます。
allglass_kokeyogore
もちろん、これは 意地悪に現在最も悪い条件を探して見つけたのがこれで、
普段の観賞では気にもなりません。
細かな部分が気になる方は 実際にお店で確認してご購入ください。
お店で使用されていたオールガラス水槽を確認したところ
シリコンの仕上がりには当たり外れもありますし、
工場でロボットが注入しているバラツキ具合ではなく
多分人間が作業していると思われるバラツキ具合でした。
ですので、その差は大きい部類に入るので
選べないネットではハズレをつかむかもしれません。
僕はこの程度の差はOKなのでネットで買いました。

また値段的にも 安いものは枠つき水槽とほぼ同じくらいだったので
その値段でこの品質なら 大満足!と思いました。

という事で、僕はKOTOBUKIやEHEIMの品質で十分ですが
より高レベルの仕上がりにこだわる方々には
ADAやプレコのものが人気のようです。
ADAはシリコンの使い方も耐久性重視の他のメーカーとは違い
美しさを重視して処理されていますので
見た目は殆どシリコンが無いように感じると思います。
気になる方は 散財覚悟で検索してみてください。

※いずれの場合も 一度お店でディスプレイされている
 (実際に魚か水草が入れられている)ものを見て
 品質確認するのが一番安心です。

ガラスに関して

透明度

シリコンがokなら、念のために確認しておくとよいのがガラスの透明度ですが
今はゴミが混入しているとか、少しだけ歪んでいるような板ガラスを
ほぼ完全に見ない時代になりましたので
ガラスの品質に関しては特に心配ないですが
ネット上でよく議論されているのが 色 や 透明度 です。
正確には 色の付き具合の差を言っているので 透明度 ではないのですが
クリスタル度 でも 何か変なので透明度にしておきます。

以下、 透明のガラスを クリスタルガラス、
色が少し付いて見えるガラスを 普通ガラス と表記します。

オールガラス水槽は枠が無いだけでなく、使われるガラスが60cm水槽なら5mmなので
同じサイズの枠ありよりも分厚いので色が付いていると目立つ事は確かです。
また枠つきも実は基本的に普通ガラスですが色が最も気になるコーナー部を巧みにカバーで覆ってあるので普段は見えないので色の存在に気が付きません。

wakutuki_glass_color
▲これは枠付水槽のディテールですが
 使われているのは普通ガラスなので
 見る角度によっては小口の色が透けて見えます

多くの方は クリスタルガラス を希望されますが僕は気にしません。
商品撮影に使う場合等は 色付きの普通ガラス は大問題ですが
金魚を入れるだけなので 少しくらい青くてもOKと思うからです。

また、実は僕は 水が青く見えるのが大好きなので 好んで普通ガラスのものを選びたいと思います。
実際のところ、この気持ち良さの為にベアタンクで飼育しているようなものなんです。

どういうことかと言いますと
昔から利用している枠つきの60cm水槽も普通ガラスが使用されている訳ですが
毎回、飼育で汚れて付いた苔を全て洗い流して、飼育水も新たに大半を新水にして入れ換えた時の
あの美しい水の色が大好きです。
僕にとって黄色い水は 古い飼育水のイメージですが
青や緑に輝く水は 新しく気持ちがいい水のイメージなんです。

水族館やプールも水の色をきれいに見せる為に 
壁を青く塗る事がありますが
同じく 僕は その見た目も好きです。

allglass_watercolor_
▲この水の色が好きなんです。
 なんか新しい水っ!ていう気になるので
また色のコントラスト的にも金魚が綺麗に見えます。

glass_SQ
また 苔を生やしたり、水草を入れたりして
そこに金魚を入れればもはや それどころではなくなり
ガラスの色が 透明 か 色付き か
気にならなくなると思います。

・・・が、
気になる方は気になるかもしれないポイントですので
そのような方は
この場合も ADAやプレコなどを選ぶほうが良いかもしれません。

糸面取り

ついでに 糸面取り に関しても少しだけ。
結局購入したのは 比較的値段が安かった KOTOBUKI と EHEIM の水槽ですが
KOTOBUKIのものは とても細やかに糸面取りがされています。
EHEIMのものも きれいな仕上げで コーナー部まで丸めてあります。

下の写真は、この記事のためにわざわざマクロ撮影(近接撮影)したものです。
普段はここまで近づく事はないので
全て気にならない範囲ということでOKです。

allglass_kotobuki_edge
▲KOTOBUKI 30cmキューブ

allglass_eheim_edge
▲EHEIM 60cm

糸面取りで重要なのは素手で触った時に手を切らないと言う事です。
両者とも素手で触っても怪我しないレベルの処理は完璧に行われています。

ただし、
どちらも水で濡れた手で持って滑る事まで計算されているのか?
僕が普段の設計などで
家具のガラス部分に指定する安全レベルの糸面処理よりも
遥かに大きく削り取られています。
何があってもガラス面で手を切る事故は発生させない
そんな強い意志が感じられるレベルの糸面処理に思います。
個人的にはもう少し面取りが少なめで
角を残したデザインのほうが見た目がシャープできれいだろうと思いましたが 安全第一と言う事なのでしょう。

オールガラス水槽を使用する時の注意

オールガラス水槽の設置場所

凸凹
基本的に凸凹が無いフラットな場所でないと水を入れたとき
その重さで歪が生じてガラスが割れて水が漏れるという危険があるので
凸凹の無い場所に置く必要があります。
でも実際は下にウレタンマットを敷くので±1mm程度の凸凹などは吸収されます。

太陽
太陽光が強く当たると熱割れという問題が出やすいので注意が必要ですが
中に熱容量の高い水を入れるので実用上はさほど気にしなくても良いと思います。
むしろシリコンの劣化を早める事を心配したほうが良いと思います。
僕は太陽が直接当たらない場所に設置し、随時レフで窓際の光を反射させて送っています。

直置き
水がこぼれると何とも言えない汚い模様となってウレタンマットとガラスの間に水が毛細管現象で入ります。
最初は床にマットなしで置いてみて数日は水を入れただけで漏れが無いかテストしてましたが
少し水をこぼすと、このようになります
allglass_dripwater_gets_nas
この時は この水をエアレーションして他の水槽の水換えに使用していたのですが
エアレーションの泡が飛び散るだけでここまで床が濡れて、水槽の下部に流れ込みました。

同じ事が 水換えのときも起きます。

これが嫌で仕方なく木材で少しだけ底上げしました。
本当は直置きしたかったのですが、数日で我慢できずこのようにしました。
allglass_tankz

オールガラス水槽の清掃や移動

30cmキューブは水を全て抜けば軽々と持ち上げられるので洗面所に移動するのも苦になりませんが
60cm水槽は物凄く緊張します。
ガラスも同じサイズの枠アリよりも分厚いものが使用されているので重量も重いです。
結局、不意に何かに当てる可能性を危惧して1度だけしか洗面所に移動していません。
持ち上げる時も 縁に指掛が何も無いので 滑ったらアウトなので
底を持つなど配慮が必要で、神経磨り減るのでやめました。
そこで これらの導入を期に
その場で清掃するというメンテナンスに切り替えました。

(  0  )金魚ちゃんたちを 桶に非難させる
(  1  )ナイロンタワシで苔を落としてそれを綺麗な水で流す
(  2  )その水をお風呂ポンプでバケツに抜く、
(  3  )汚い水が少し残るので綺麗な水を沢山入れて
       またポンプで抜く・・・
(  4  )水が綺麗になるまで繰り返す。

このようにして その場で水槽を洗うようにして対応しています。
邪魔臭いですが慣れるとまあOKかな?と思いますし
毎回神経をすり減らして高級ジュエリーの輸送ガードマンみたいな気分で洗面所に運ぶよりは楽です。
購入を検討される際には、この部分を良く考えて対応策を考えてからのほうが良いと思います。

オールガラス水槽のエアレーション

これも注意が必要で
枠つきのように 何処にでもエアストーンを投げ込んでおけばOKという風にはいきません。
枠が無いので、水を上のほうまで入れていると
あまり壁付近でエアーが割れるとそれがそのまま床に飛び散るので
朝起きたら床に水溜りが出来ていたりします。
(最初は水槽が割れたか?と焦りました)
今はエアレーションは水槽の中心部分に固定して泡がはじけても殆どは水槽内に納まるようにしました。

キスゴムで固定
これはエアレーション用に空のパイプを沈めて
そこにキスゴムでエアストーンを固定したバージョンです。

透明パイプで固定
これは透明パイプで好きな場所にエアストーンが来るように工作しました。
普通、このような場合はパイプを火であぶって曲げたりしますが 
僕は仕上がりをシャープで繊細なイメージにしたかったので
45度に切断してそれを接着剤でつなぎ合わせて1本のパイプをコの字にしました。

これで床が濡れる事も無くなりました。

allglass_air_overall
allglass_air_detail

以上がこれまでに僕が気が付いた
「枠付とは違うんだよ!枠付とは!」な部分です。

耐久性などはこれから使わないと分かりませんが
あまり移動せず使用していく予定です。

また何かあれば追記します。

「オールガラス水槽」への10件のフィードバック

  1. こんばんは、金魚部さん。

    そもそも枠付きは、最初から問題外ですのぉ~!おほほほ~。
    な~んて(笑)枠付きには枠付きの利点がありますけどね・・・。

    さて、オールガラスの耐久性ですよね。
    ガラスが割れない限りはシリコンの劣化が心配ですけど
    「シリコンは自分で補強する」って聞いた事があります。

    まぁ~その辺は、その時がきたら金魚部さんが
    実況連写して下さると思うので、のんびりかまえています♪

    えっ? ああ~~、大丈夫、大丈夫。
    金魚部さんは先達だから! ^m^

    1. こんばんは 蓮茶さん
      >そもそも枠付きは、最初から問題外ですのぉ~
      お部屋に置く事を考えるとオールガラスがいいですね。
      でも取り扱いを考えると枠付きもアリですよ。

      >シリコン
      僕のは新しいので 多分(ほんの99.99999%くらいの確率で)
      蓮茶さんのが先に漏れ出しますわよ。 ( ` ー ´ )おほほほほ2
      ↑ 
      は冗談ですが、
      手順さえきちんと踏めば補修は誰でも出来ると思います。
      念のためにw
      補修方法を書いておきますね

      補修は枠付よりは簡単と思います。
      枠付きの分解は邪魔くさそうですが
      オールガラスならカッターで切り離すだけなので
      漏れている部分に関係した面だけ切り取ればOKです。

      古いシリコンを全て除去して
      必要に応じて
      ガラスをアングルと万力で元の正しい位置に固定して
      マスキングテープを貼って←これで完成度が決まります
      シリコンを注入&施工して
      へらで綺麗にのばして整形
      直ぐにマスキングテープを剥がす←乾くと手遅れです
      その後、最低でも24時間以上乾燥
      水を何度か入れ換えて硬化時の毒を流す
      でOKです

      水槽は経験がありませんがシリコンの補修は
      仕事で何度も関わって
      いろいろな職人さんの施工を見てきたのと
      実際自分でも何度か経験があるので
      上記の方法がお勧めです。

      ちなみに僕は補強ではなく上記のように全て除去してから新しく施工する補修をお勧めします。
      問題の箇所に上からシリコンを盛り付けるだけだと耐久性が低いのでまた直ぐに漏れると思います。
      見た目も汚く仕上がりますしね。

  2. ん?最後らへんに某有名ロボットアニメがチラチラした様な!笑

    私は前面に枠の無い水槽を使っていますがその湾曲した角から中を眺めると酔うって方が数名いました。

    もう七年使っています。対応年数はどのくらいなんでしょうか?いきなりガシャンは困りますよね(;´д`)

    1. >最後らへんに某有名ロボットアニメが

      (;`д´)ノ ロボットって言うなロボットって・・・w
      女性から見るとロボットになっちゃうんですね
      僕が真性のガンヲタなら今頃、大大大炎上してますよw
      正しくはモビルスーツですよ。
      ちなみに
      WAKUとは違うんだよWAKUとは 
      のほうが文字数的にもセンス的にも良かったかなぁ・・・と後悔の毎日を送っています。

      話がそれましたが
      オールガラス水槽の対応年数は分かりませんが、枠付きと違って構造をガラスとシリコンだけで支えるので移動したり傾けたりする行為をしなければ、長く使えると思いますが、これらを繰り返せば意外に早くシリコンが切れるかもしれませんね。 
      あとは日光も劣化を促進します。
      またメーカーの注意書きに 苔を生やすとガラスとシリコンの間に苔が入り込みシリコンが剥離しやすくなるとも書かれているので これも注意ですね。

      まあ見た目に不安を覚える方も多いでしょうけど
      枠付よりは分厚いガラスを使っていますし
      実際の建物でもこのような構造の壁が存在しますので
      枠付と比べて移動する事には不向きですが
      構造的に特に危険という事はないと思います。

      >前面にアールのある水槽
      他の方が飼育に使用されていたり、お店に飾られているのを見ると素敵だと思います。
      でも僕はプラケースで撮影する際に常にこの湾曲部で画像が歪む為、大半の写真がNGになるので 自分の水槽では湾曲部の無いものを採用しています。
      特に金魚はコーナーでピコピコするのが好きなのでここが湾曲してるとかなりの写真がNGになるので困るんです。

      インテリアとしての見た目は美しいと思いますが
      撮影する事を重視すると
      個人的にはコーナー部は各辺で見切られていて欲しいんです。

  3. あはは笑 それは失礼しました(ノ_・,)

    ウチの金魚の名前はモビルスーツからとったモビです。マニアではないですが好きなアニメです。プラモデルも4~5体は作りました!

    撮影のためなんですね!久しぶりに金魚を上手く撮る方法とかの記事もお願いいたします!

    1. そうでしたね かにゃんさん家にはモビ君が居ましたね。
      かにゃんさんは 何となく(特に理由なく)エバ世代だと思ってたので意外です。

      >写真撮り方
      そうですね、興味のある方が多いなら新しいネタとして書いてもいいですね。
      でも僕は、かなりマニアックなので 基礎を何処かで勉強してもらわないと理解できない可能性があります。
      基礎から書くと 別のブログが1つできるほどの量になるので どうしたらいいですかねぇ・・・・

  4. こんにちわ。

    金魚の撮影記事のお話ですが、専門的な撮影方法も凄く気になりますが、一般的なデジカメや携帯カメラ、百均で買える製品で上手く撮る方法があればみんな嬉しいと思うんですけどいかがですか?

    (私のおじさんはミ○ル○社員なので良いカメラが家にもあるんですが知識が無さすぎて上手く扱えません(;つД`))

    1. >百均で買える製品で上手く撮る方法
      かにゃんさんは無茶振りが好きですねw
      百均限定となると厳しいかもしれませんが
      ホームセンターも一部入れれば プロ機材での撮影と殆ど同じセッティングも可能です。
      ただしカメラの知識やライティングの知識が無いと 撮れる写真はイマイチになるかもしれません。
      最初はスナップショットで腕を磨くほうが早道だと思います。

      せっかくいいカメラがあるならそれを出してきて 本を1冊買って練習したらどうでしょうか?
      デジタルならフィルム代も現像代も要らないので練習し放題ですよ。
      ちなみに主婦で料理のブログなどで有名な方々は皆さん一眼レフと標準レンズだけで撮影されています。
      正直、料理という被写体がある人は羨ましいです。
      1年も撮影していれば本が出せるような美しい写真が撮れる様になる方が多いからです。
      日本人は知りませんがアメリカの主婦のブログなんか検索して見てください。
      だいたい1年くらいでプロ並みの腕になってきているのが分かると思います。

  5. 百均と携帯カメラでキレイに撮れるなんて投稿があったら嬉しいなと思って言ってみただけですよ!笑

    勉強になる記事もとってもいいんですけど美しい写真記事は他に無いと思うのでぜひお願いいたします(*´∇`*)

    1. 分かりました。
      総力を結集して何か考えて記事にします。

      PS
      あれ、さっきより条件厳しくしてませんか?w
      普通のデジカメは どこ行きましたか?
      携帯のカメラ限定は 厳しいかもです・・・
      そもそもレンズが目薬1滴分程しかないので画質が悪いでしょ?
      携帯カメラは殆ど使用しないので良く分からないのですが
      最近のものは直ぐにシャッター切れますか?
      僕のはスマホじゃないのでなんか遅いし
      シャッターがきれた時には魚は既に居ないみたいになるのですけど・・・

      カメラは普通のデジカメ(通称 コンデジ)は最低でも用意してくださいよ 【◎】 ・)

コメントは受け付けていません。