水作エイトユーザー必見!底に溜まるゴミを無くすアイデア最終案

suisaku_zabuton_zero_
タイトルの通りですがこれまでにも何度かご紹介してきた色々な方法をしのぐシンプルな解決策です。

最初は形が嫌いで あんなもの水槽に入れられるか! と思っていたのに
使い出すと便利で結局今だに使用している水作エイト。
気が付くと熱狂的なファンの1人になっていました。
メンテも楽だし、そこそこ濾過も安定するし
あの底に残るゴミさえ出なければ・・・
と思いながら これまで格闘してきました。

まずは
これまでのあらすじです

最初の頃は
ゴミを散乱させないようにネットを被せてから取り出したりしていました。

次に
suisaku_sokoage_00
▲リングろ材を3つ置く
suisaku_sokoage_01
▲上に水作エイトを置くだけ

金魚に食べさせればOKという発想から
底にリングろ材を入れて高床式にしていましたが
小さな稚魚には有効なものの
これでは大きな金魚は入れません

次に
suisaku_Q
吸盤を取り付けて水作エイト本体を水槽の底から離すという方法を採用
一見良いアイデアに思いましたが 
見た目の問題として
本体の重みで やや斜めになるのが
僕の中の几帳面なA型の部分が
「この傾きは許せない!」と言ってくるのでNGに。
※ちなみに血液型はAでもABでもありませんけど。

そして またまた偶然の神が降臨
少しでも早く新しく追加購入した水作エイトにバクテリアを増やそうと
何時ものように底にヘドロがたくさん付いた上部濾過のウールの一部を
座布団のように敷いて上に水作エイトを乗せて3週間ほどして掃除しようと移動すると・・・
suisaku_zabuton_zero

ゴミがない!
suisaku_zabuton_no_shit
何も無い!

という事に今更気が付きました。
(これまで数え切れないくらい何度もやっていたのに・・・気付きませんでした。)
その後は言うまでも無く 全ての水作エイトにウールの座布団を緊急配備
ゴミ問題は一気に解決! めでたしめでたし。

のはずが・・・ 餌の破片など色々吸い込む水作座布団に
ハングリーな金魚さん達が大興奮
suisaku_zabuton_boroboro
冬場、犬にウールの毛布を与えた次の日にボロボロにされる事件のように
数日で 水作座布団はボロボロに。
もともと観賞重視ではなく 飼育重視の時期だったので OKだった酷いルックスがさらに酷くなりやむなくNGに・・・

そして今回 ご紹介しますのが NEW水作座布団 です。
◆ヘビーな使用にも耐える強靭なアンチ金魚ツクツクボディ
◆汚れが目立ち難いブラック仕上げ
◆1枚10円以下という究極のコストパフォーマンス
という夢のようなスペックを実現いたしました。

また色はお好みで レッド、ブルー、イエロー、グリーン、ブラウン等もお選びいただけると思います。

じゃーーーん!
suisaku_zabuton_zet
このように鑑賞にも邪魔にならないハンサムな仕上がり。

そうですナイロンタワシを8角形に切って敷くだけです。
suisaku_zavuton_cut_00
suisaku_zavuton_cut_01
suisaku_zabuton
先代の水作座布団も濾過能力UPという嬉しい副作用がありましたが
この最終版も同じく少しのUPが期待できますし
濾過能力に強欲な方は2枚重ね、3枚重ね・・・・10枚重ねなど 笑点 顔負けの座布団重ねも自由です。
10枚も重ねて効果があるかは疑問ですが・・・
ちなみに
先代の座布団は本当に濾過能力upに貢献していて
長く放置すると こんな風に変貌していました。
suisaku_zabuton_hedoro
▲本日の突っ込みの正解は ホウチシスギヤロー です。

ちなみにゴミの無さは先代(ウール)のほうが上で 殆どゴミが出ませんでした。
だいたい95%のゴミは無くなります。
最終案のナイロンタワシは少し凸凹があるので90%除去と言う感じです。
そうです、少しはゴミが残ります。
今でも飼育重視のコンテナは先代のウールを採用しています。
いずれにしてもノーマル(座布団無し)とは比べられない程の量なので
さほど気になら無いと思います。
大奥っぽく言えば
掃除の時に 「少し お粉が・・・」 みたいな感じです。

僕的には
これで底のゴミ問題は解決です。

多分・・・・

「水作エイトユーザー必見!底に溜まるゴミを無くすアイデア最終案」への8件のフィードバック

  1. ナイロンたわしとは、すごいアイデアですね
    実は私も、上部フィルターの綿を切って、敷いてたことがあったんですが
    同じくすぐ傷んでくるのと、突かれてボロ布になる時に、食べてしまって悪影響がないかが心配で辞めました
    ナイロンタワシだとそこら辺の悩みが解決できますね
    私はフィルターの下ではなく、底に置いておいて、吸着してもらう感じで使ってました
    フィルターの下に敷く発想がなかったです
    その頃は青水飼育していてエアストーンしか入れてなかったのですが、置いてあるだけでゴミを吸い取ってくれるようで、いつも綿やネットの下にゴミが溜まっているので割りと綺麗に保ててました

    今は直射日光の当たる場所を使えないので、青苔を自在に栽培できる事羨ましく思います
    是非、今年のクリスマスに向けて、青苔でクリスマスツリーを作ってください^v^

    1. ttさん こんにちは。
      お返事が遅くなり申し訳ありません。

      >食べてしまって悪影響がないかが心配で辞めました
      糞からは出ませんでしたが
      吐き出しているのを見た事があります。
      明らかに食べているので僕も心配しましたがその時は問題は出ませんでした。
      そこから 食べられないもの・・・という流れで
      ナイロンタワシを選びました。

      >今は直射日光の当たる場所を使えないので
      >青苔を自在に栽培できる事羨ましく思います
      黒オランダ水槽&ランチュウ水槽の2本だけ直射日光が当たる場所で
      それ以外は直射日光無しです。
      撮影に使う レフという 反射板を窓際に設置して水槽に光を送っています。
      30cmキューブ水槽の場所は部屋の一番奥なのでこれがないと光は殆ど無しですが
      1日数時間の反射光だけで緑のコケが全面を覆うようになりました。
      日本の家は 納戸以外は全て窓を付けることが義務づけられています
      マンションなどは大きな窓をバルコニー側に設けて2室まではそれ1つで賄うケースもありますが
      何処かに窓があるはずですので そこから反射で光を運べばよいです。
      畳半分くらいの発泡スチロールかスチレンボードにアルミホイルを貼り付ければ
      簡易レフ板になりますので試されるならこの方法がコスト的にも安く出来ます。
      あとは1日に数時間光が水槽に当たる角度を探して固定すればOKです。

  2. 金魚部 様

    ほんとに、いいアイデアです!

    早速、我が家の超巨大水作エイトの下に、
    ウールのふわふわ座布団を敷いて、様子を見ています。

    ありがとうございました!

    1. sh0345さん コメントありがとうございます。

      >ウールのふわふわ座布団
      金魚によっては見向きもせずそのまま綺麗に保てますが
      一度味を覚えるとボロボロにしますので
      その場合はガードでも作ってください。
      フラワーとかジャンボではナイロンタワシでは小さすぎますね。

  3. 金魚部さん、はじめまして。
    金魚飼育初心者のため、いつも色々な記事の情報に助けて頂いています。
    特にこのナイロンたわし、本当にいいですね!
    いつも水替えのたびに舞い上がる細かいゴミにウワアァァァとなっていたので
    さっそく試してみたところ、想像以上にゴミが散りませんでした!

    ありがとうございました!

    1. じょせさん はじめまして。
      お返事が大変遅くなりまして申し訳ございません。
      僕も全ての水作に敷いていますがもうコレ無しの飼育は考えられません。
      自分以外の方にもこのアイデアがお役に立てたなら嬉しいです。

コメントは受け付けていません。