転覆病の傾向と対策:春夏に出来るトレーニング

転覆中のオランダ
温度の低下や消化不良による転覆病は
秋~冬~春の初めの温度が不安定な時期
という期間におきやすく
エア喰いによる転覆病(背干し病)は
春~夏の温度上昇時におきやすいなどの
傾向があります。

春や夏に出来る事は
金魚をできる限り健康な状態にし
適度な環境ストレスと共に活性を上げておくことです。

餌は人工餌をバリバリ食べさせる
jinkouesa_collection
餌でいえば、僕の場合
冬には消化の良い苔、藻、生餌(野菜)を中心に与えながら転覆病を予防してきましたが
これからの暖かい時期は上記の餌だけではなく人工餌をより多く与えていこうと考えています。
人工餌は冬場などはお湯で柔らかくして少しでも早く消化できるようにしていましたが
これも行わずに 粒餌を硬いままボリボリとむさぼり喰うような感じで春夏は消化能力を徐々に高くしていこうと思い現在は、少しずつフレーク餌を与えながら粒餌もドライ状態で与えたりして慣れさせています。
(急に切り替えると問題が出やすいので徐々に移行しています。)
こうする事でよりいっそう消化能力が高まりますし、万が一秋や冬に消化能力が下がっても 苔・藻・野菜というより消化の良い餌で能力の低下をサポートできます。
もし春夏に消化の良い餌のみを与えていて、秋冬に活性が落ちたらそれ以上消化の良い餌は無いのでうまくサポートできなくなるという懸念からこのように餌を切り替えていく予定です。

水温は一定よりも適度に変動
ora4_survivers
水質変化や温度変化に関しても
これまでの観察から5Lコンテナや20Lコンテナのような不安定な環境に置かれていた金魚は秋冬に何の問題も無く適応し一度も危なげなく乗り切ることが出来ました。
多くのパターンは安定環境で特に60cm水槽&上部ろ過に居た金魚に問題が出やすいことも分かりました。
安定している環境がそのまま安定していれば問題は出ませんが去年の冬から今年の春のような不安定な温度の急変が続くと問題が出やすくなりました。
このような状態でも5Lコンテナ組などはピンピンしている事からも普段から過酷な変化に晒されて慣れている金魚は強いといえると考えています。
同じく、ヒーターによる管理も金魚を弱らせます。
久しぶりに加温治療で転覆病を治そうとした去年から今年にかけての冬に経験したことですが無加温のほうは完治してからも加温組の転覆は治せませんでした。
温度さえ安定していれば治せたはずでしたが、この辺は僕が加温治療の経験が少なく辞め時の判断を誤ったりした事も問題と思っています。
またヒーターでの治療は失敗しましたがそのまま春まで何とか生かさず殺さずでやりすごした金魚は皆、転覆病を治すことができました。
ここでも朝から昼、そして夜という自然な温度変化がありながら全体的には温度が上昇している春に治療するほうが ヒーターで昼も夜も同じ温度にしている場合より金魚のバイオリズムを整えるのに効果的なのだろうと考えます。
このように適度な範囲で自然な温度変化を感じさせて安定させすぎない中で育てていれば 急な温度変化にも対応できる金魚になると思いますので 金魚が快適な温度域に居る間に多少の温度変化のリズムを与えてこれに慣れさせると 秋冬が安心して迎えられます。
とは言え、そのために急に金魚を外で飼育したり、小さな金魚鉢で飼育したりする事は難しいので、60cm水槽&上部ろ過でも適度に太陽光を当てたり、夜に換気をしたりしながら できれば1日の中で3℃~5℃くらいの温度の変動が起きて 次の日にもほぼ同じように夜中から明け方は寒く、日中は暖かいというようなリズムが作れればよいと思います。
でもやりすぎは禁物です。
過度な温度変化は逆効果になりやすいので慣れないうちは1日の中で3℃~5℃くらいをmaxに対応するほうが安心です。
慣れてくれば徐々に変化の幅が大きくなるのは問題ないですが
殆ど変動しない毎日を送っていた金魚が
急に1日で10℃近い変動を数日経験すれば弱ると思いますし、
最悪の場合はより深刻な事になるかもしれませんので
過度な変動が起きないようにご注意ください。

餌はきちんと食べさせてたくさんの糞を出させる
1sei_dekabutu
オランダ1世のデカブツの2匹やコロコロ金魚達が良い例ですが餌を大量に与えていた金魚は秋冬も危なげなく餌を食べて糞をしています。
一度に与える量は少なくしていますができる時は1日に何度も給餌するようにしています。 
金魚の消化系は他の魚と違いかなり特殊で、長く餌がなかったり、急に大量の餌が入ってきたりすると対応できない体なので常に極少量が消化されているような給餌でしっかり糞が出るような量を与えると良いようです。
逆に生後1年以上経過した今も体長が2cmを切るようなミニ金魚で維持している2世のメンバーは冬場は特に餌を減らしていたので春になり普通に餌を与え始めて問題が出まくりました。 脅威のほぼ全員が毎日転覆という事態になりましたが何とか現在は数匹が未だ転覆していますが他は転覆しなくなりました。 この事からも餌は無理に減らしてもNGなので適度に与え続ける事が転覆病の予防にはとても重要と思います。
ここでいう適度な量とは毎日糞が確認できるような量のことです。

水換えは定期的に行う
anmonia_test_3
ストレス系(特にアンモニア(急)や硝酸塩(緩))による転覆も春夏にダメージをくらい秋冬に温度低下などをトリガーとして糞づまりや浮き袋の異常として転覆が出るのでこの時期に定期的に水を換えて長期的に暴露しない事が重要です。
アンモニアは全ての感染症に繋がる免疫の低下を起こしますし、硝酸塩は長期的に暴露されることで問題化するタイプの毒なのでいずれも適度な水換えで常に除去して低濃度をキープすべきです。
ちなみにアンモニアは一定以上の濃度になればろ過バクテリアまで機能停止させますので、アンモニアが高濃度になれば水を換えない限り下がる事はありません。 ろ過が安定している水槽でも起きる問題ですので水換えを定期的に行うのが安心です。

これとは逆に 春夏に出やすい
エア喰いの問題を抱える金魚の場合は
1sei_tukutuku
これからの春夏の時期に
◆高温時にエアレーションをしたり(現在は未対応)、
餌の破片や粉が水面に浮かないように工夫したり、
◆底砂を入れて水面より底をツクツクさせたり 
いろいろ試していますが今のところどれも絶大な効果を発揮している感じはしません。
こちらは取り組み始めたのも最近なので今後いろいろと工夫しながら解決策を模索していきます。

他にも色々と対策を講じる事があるかもしれませんが
今年は上記の事を重点的に行って秋冬に備え
転覆病ゼロを目指したいと考えています。

「転覆病の傾向と対策:春夏に出来るトレーニング」への2件のフィードバック

  1. こんばんは、金魚部さん。

    いよいよ梅雨入りですね。ジメジメですね・・・ウツウツですね・・・。
    まぁ~、そうは言っても、過ぎ去るまでは梅雨ですから
    ちょっと気分でもかえましょうか? ^m^

    さてさて今日は「金魚の目力」についての疑問です。

    金魚部さんのところの金魚達はみんな、上手にカメラ目線ですけど
    よく金魚は視力が悪いような事を言われますが
    本当のところは、どうなんでしょう?

    頂天眼や水泡眼などは、いかにもって感じですけど
    それでも、出目金なんかでも、結構な目力を持っていたりします。
    リビングでテレビを見ていて、頬に突き刺さる視線を感じて振り向くと
    出目金が水中でホバリングしながら、ものすごい熱視線を送ってきたりしますもの。

    ああ・・・これが金魚じゃなかったら・・・。
    間違いなく、老いらくの恋に落ちるのに・・・。

    ・・・・・うん?ちょっとまてよ?
    あの子達から見た私は、いったいどんな風に見えているのでしょうか?
    魚眼レンズよろしく・・・・・あんな風??

    1. 蓮茶さん こんにちは
      お返事が遅くなり申し訳ございません。

      >金魚の視力
      どうなんでしょうね
      毎日餌を与えながら見ていると
      目のいい金魚と悪い金魚が居るように思います。
      みんな匂いで餌に飛びつく事が多いですが目のいい金魚は近くの沈んだ餌よりも遠くの沈下中の餌に飛びつく事が多いです。
      見える限りどの金魚も、餌を食べるときは動いているものを優先しているように思います。
      全てが沈んだら底をツクツクしますので多分選択してそのように動く餌を優先していると思います。
      見えていない金魚は近くの餌に飛びつくのでこの点に注目して観ていると視力の差が良く分かります。

      >カメラ目線
      これは仕込めば出来るようになります。
      方法としては餌を利用して行います。
      僕の飼育する金魚の殆どは出来ますので
      多分どの金魚でも可能です。
      本で読んだわけではなく観察から思いついたことなので間違いがあるかもしれませんが
      金魚は購入直後、カメラ(僕のは一眼レフという大きくて黒いやつ)を向けると殆どは逃げます。
      黒くて大きなものが急に目の前に現れるので怖いのだと思います。
      色は分からなくても赤や黒に異常に反応するので暗く見える色と明るく見える色が判別できると思います。
      また僕の顔も認識しているようで僕には近寄ってきますが、慣れていない個体はカメラを構えて僕の顔が隠れると逃げます。
      ですので最初はゆっくりと構えたり、金魚が餌に夢中になっている間に撮影したりして慣れさせます。
      この事からカメラを見せながら餌を与える、又は餌を食べているところを何度も何度も撮影していると
      徐々に僕の顔と同じようにカメラも認識するようになり カメラ=餌をくれる人の顔のような感じになるのでは?と思います。
      慣れるとカメラによってくるので 水草やアクセサリーなどを撮影中も横からカットインしてきます。
      最初は撮影されたくてレンズの前に来るのか?と思いましたが
      どうも餌を貰えると思っているようです。
      ですので数日おきに撮影していれば
      購入後1ヶ月もすればみんなカメラ目線が出来るようになります。

      ちなみに金魚が正面顔を見せるのは信頼の証です。
      懐かない金魚は常に片目で敵を見て反対の目で逃げる場所(方向)を確認しているそうです。

コメントは受け付けていません。