ニュースダイジェスト 2012年11月号


今月の黒オランダ2号&3号

かなり顔が変わりました。
じっくり正面顔を楽しむ為にも
そろそろ水槽で飼いたいですが
水槽が無いので暫くはこのままコンテナ暮らしです。
お店で入手経路に関して質問した時
問屋さん経由とお店のお兄さんが言われていたのが最近どういうことか分かりました。
多分これは個人の方が育てられた個体だと思います。
2匹とも養殖場出身とは思えない上品な餌喰いですし何よりも目の出方が変わりました。
お店では水槽でしたが入荷直後に僕が2匹購入しているので
時間的にもその前から水槽で飼われていたのでは?と思います。
だから目が最近徐々に奥に入ってきました。
舟やタタキ池のような壁がある場所で育ったなら逆に目は中に入るので
僕の環境で徐々に出てくると思いますが、ここまで入り込んだのを考えると
水槽で育ったのでは?と思います。問屋さんに長い間居たなら別ですが、黒の出方や大きさからも、多分そうではないかと思うんです。
いずれにしてもかわいい2匹をここまで育ててくださった方に感謝です。
2匹ともオスでしたが仲良しなのでこのまま一緒にして大切に育てていきます。
PS
最近は頭をツンツンしても逃げないようになりました。
可愛い奴等です。
▼黒オランダ獅子頭 3号(←)と2号(→)

▲2匹ともなかなか好みの顔になってきました。あとは水槽で飼育して目をもう少し出したいです

アンモニア検査薬

恒例のアンモニア検査薬をいじるコーナーですw
またまた無くなりましたアンモニア検査薬
流石にテストしまくりなので直ぐになくなるから
今回は2セット購入しました。
どの検査薬より重要なので。
もうアンモニアはずっとこれで行きます。
途中で検査薬を変えるとややこしいなぁと亜硝酸塩などの検査薬を使いながら思っています。
ブログのビジュアル的にもかなり変わってしまうので・・・

それ以外にも理由があります。
実は検査に使うプラの容器が1本駄目になったので
余分に買って同時に何箇所も測れるようにしたかったんです。
何しろ20分かかる検査なので忙しいと朝は1箇所しか測れません。
この容器さえあれば容器の数だけ同時に測れるので2セット追加により
今後は3箇所同時に測れます。
昔の検査薬はプラスチックを溶かすような事はありませんでしたが
現在のものは暫く忘れて放置すると白くあとが残ります。
洗っても取れません。
また青色になるほどアンモニアが高かったのを放置すると赤く染まってしまいました。
これは写真撮影後捨てちゃいました。
だから手元には3セットです。
同じ製品をご利用の皆様は注意です。検査後は直ぐに水で洗いましょう。

オパ◆◇◆◇スタイル♪

▲2週間でこれだけ苔むしました。皆太りすぎて水作の下に入れないのでキスゴムで固定する事にしました。 これで皆下に潜れるので吸い込まれた餌も綺麗に食べてくれるので底にゴミが溜まりません。

やはり太らせた金魚の餌を減らすと伸びます。
体長(Y)x横幅(X)が約2:1でしたが徐々に3:1になりそうです。
これは他の金魚でも経験していたので恐れていましたがやはりなりました。
今後、容器のサイズや飼育水の状態を変えて観察を続けてみます。
痩せた金魚を大きくしないのは餌の量で簡単に実現できていますが
太い金魚を小さいままキープは難しいです。
結局プロポーションをキープのまま徐々に大きくするか
痩せさせてしまって伸ばしてしまうかになります。

ビューラーちゃん転覆しまくり

今年の僕のプレミアム個体であるビューラーちゃんを何とか1年後にもこのままの姿で大きく成長させたいのですが
最近は餌を食べない、糞をしないというバイオリズムがLOWの期間に入っているので無理をさせないように餌を減らしていますが
偽装転覆のようにお腹を上にして寝る癖が付き始めています。
これをされると朝に見つけて元に戻らせても徐々に戻り方が不安定になり最後には転覆するので
先手を打ちました。
青水で育てる作戦です。
これは成魚では失敗したので治療としては没にしていましたが
ビューラーちゃんには効果があるようで数日は転覆が出ていませんでした。
お供にタンジェリン君も追加しました。こちらはマジ転覆をしていたので試しに青水に入れましたところ同じく正常化。
やはり成魚の長い間蓄積されたストレス系転覆は青水では無理でしたが稚魚は簡単に転覆するので簡単に治るのかもしれません・・・と思っていたら3日目の朝 お腹を上にして寝ていました。
どうも2匹とも偽装転覆の匂いがプンプンします。
暫くはこわごわ観察しながら青水治療で対応してみます。

オランダ1世集団感染

肉瘤モリモリ計画に参加中のオランダ1世達
徐々に瘤やフンタンが目に見えるレベルに成長してきましたが
とうとう赤班病が出てしまいました。
全員が底に触れる部分である下腹部のほうだけ感染しているので何かが居るようで怖いから底のコケを全て洗い落としました。 その後回復した順に戻しますが変な泳ぎ方をするので原因菌の除去が不完全と判断して結局全て洗い流しました。
水槽なら直ぐに分かる場所ですが上見しかできないコンテナだと全く見えません。
えらく底で動かないなぁ?と思って掬い出したら皆がやられていました。
無事なのはウルトラの母(オランダではなく琉金ですけど)だけでした。

現在は赤班を消す為に1匹ずつ塩水浴中です。
考えてみれば病気などしたことがないので殆ど塩水浴を経験していない1世達。
もしかすると初めてかもしれないですがみんな気持ち良さそうで見たことも無い量の糞を出しています。
産まれてから初めての個室生活なので何処と無く楽しそうです。

これで全ての餌やりは中止して冬のプログラムに切り替えて続きは春に行う事になりそうです。
なんか短い秋でした。

立ち上げ実験経過報告

現在 RS法(最後に掲載)←11日間で完了 最速です
アネックス法(フィッシュレスの記事に書いた方法)←製品Aでやり直す事にして途中で中止
PSBによる立ち上げ ←特に早くならないと判断し途中で中止
製品Aを使う方法(←実験中)アンモニア3.0、亜硝酸塩1、硝酸塩25 @20日目
製品Bを使う方法(←実験中)アンモニア3.0、亜硝酸塩1、硝酸塩50 @13日目
で両者共にアンモニアが下がらず苦戦中です。
11月になって急に20度を切ったのが問題です。
温度の低下でバクテリアの分裂が止まったのか?少し心配です。
何しろ両者共に明らかに硝酸塩が出ているので期待出来る商品として紹介できそうなのでここで失敗するのは勿体無いです。

※全てのバケツ、エアストーン、チューブ、スポイト等、水が触れる部分は全て毎回新品を使用しています。

本当はこのあと
話題のハイテク製品と新たなアイデアの 計2つを追加で実験を行って一連の立ち上げ祭り完了となる予定ですが
温度が20℃を切るとかなり不利で
本当なら立ち上がる製品でも失敗する可能性が高くなります。
ヒーターを使うべきか?春に再スタートすべきか?は判断に迷っている状態です。
少なくとも年内に現在の2つを含む何件かの記事を書く予定ですが
思った以上に結果が良いので面白くなりそうでワクワクしていただけに残念です。
実際にチャレンジされる方はヒーター利用か
水温が自然に24度以上になる頃のほうが良いと思います。

20万アクセスありがとうございました

このブログも20万アクセス超えました。
実は計算ミスでもう少し先とおもっていたので
見逃してしまい何時越えたのかは知りませんでした。

最近は記事の更新も遅れ気味ですがおかげさまで
アクセスは何故か増えてきており1日に2000前後の日が多くなりました。
これまでランキングサイトさんには大変お世話になりましたが
最近はランキングサイトさんへの通知を遅らせても
新しい記事に膨大なアクセスが発生するようになったので
これを期にすべてのランキングサイトさんから外れる事にしました。
アカウント情報が不明で削除できていないものも一部ありますが見つかり次第消します。
これまでクリックで応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

金魚飼育を継続している限り、
時間が許す限り、
情熱が続く限り、
アイデアは尽きる事がありませんので
手を替え品を替え書いていきますので
今後ともどうか宜しくお願いいたします。

本当にありがとうございます。

 

「ニュースダイジェスト 2012年11月号」への10件のフィードバック

  1. 私の場合、水作の下に園芸用鉢底ネット(粗目)を敷いています。水草用重りの素焼(熱帯魚店で購入)を四方にインシュロックで取め底上げしています。水槽掃除等で水作を取り出す際に溜まった糞が散ばらなくて便利です。

    琉金(Sサイズ)とメダカの混泳水槽にドジョウを入れました。残餌掃除係です。水作下が隠れ宿だったメダカが今朝喰われました。調べたらドジョウは夜行性とのこと。寝込みを襲われたのでしょうか。とほほ…

    追伸:ドジョウが大きすぎたようです。ちなみに名前はアンガールズ山根といいます。

    1. 底上げもいいですね。
      僕はドジョウは入れていませんが
      バスケットを浮かべた下側に同じ金魚を2匹放していました。
      そうするとその2匹だけ巨大化したので
      途中から4匹にしました。
      この4匹は自然な太り方で可愛いです。

      >アンガールズ山根
      ペンションみたいですねw

  2. こんにちわ。

    肉瘤凄く成長しましたね!

    ウチのらんちゅうはそのまま成長しませんでした。

    みんな無事に冬越しできるといいですね(^o^)v

    1. 確か里親ではなくお店から買われたんでしたよね?
      だったら肉瘤出ますよ。
      僕のような素人が繁殖させたものは出難いですが
      養殖場さんで育てられたものは下地がきちんと出来ているので出やすいですよ。

  3. こんばんは、金魚部さん。
    今迄、ご挨拶もせずに失礼しておりましたが【困った時の金魚部さん】として
    いつも本当に本当にお世話になっております。ありがとうございます。

    金魚部さんの鮮明な写真と丁寧な解説を読みながら「ふぅ~ん、尾腐れってこんな風なんだ・・・」
    「転覆の初期ってこんな症状なんだ・・・」と予習しておいたおかげで
    実際、金魚達が同じ症状になった時に、どれほど落ち着いて対処できた事か♪
    その詳細と手際を、微に入り細に入りご報告したいのですが・・・すっとばして! ^m^
    あまりにも初歩的で申し訳ないのですけどぉぉ・・・・
    塩水浴の切り上げ方を教えていただけないでしょうか?

    金魚部さん推奨の「バケツ2個塩水浴」で十分効果を得たので塩水浴を終了したいのですが
    飼育水に戻す時ってどうやったらいいのでしょうか?
    徐々に真水に戻していけばいいんだとは思うのですが、
    でも、確か、金魚部さんは普段は塩水へドボン派でしたよね?飼育水に戻す時もドボンですか??

    お忙しい中、申し訳ありません・・・・・・でも、お待ちしています。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    1. 蓮茶さん こんばんは。
      記事がお役に立ててよかったです。
      >塩水浴の切り上げ方
      >飼育水に戻す時もドボンですか?
      そうです。
      手で掴んでドボンと戻します。
      必ず温度だけは合わせてからドボンします。
      また飼育水にドボンする時だけ特別に注意すべき事があります。
      薬浴でも塩水浴でもドボンする時はそれらは新しい水で作るのでOKですが
      飼育水は古い水なので、時にpHショックアンモニア、亜硝酸塩中毒の問題が出ます。
      必ずこれらが安全(pH=7.0付近、アンモニア=亜硝酸塩=ゼロ)の確認をしてください。
      確認手段が無く、確認出来ない場合などはドボンはしないほうが良いです。

      確認できない場合は普通に
      塩水浴のバケツに小さな椀などを浮かべて
      その中に塩水と金魚を入れて
      上から何度かに分けて飼育水をかけて
      中の塩水がほぼ出て飼育水に入れ替わるようにして
      ほぼ飼育水の状態にしてから
      金魚をつかんで水槽にドボンしてください。
      pHショックやアンモニア中毒は特に怖いので注意です。

      飼育水が古いと思う場合は半分程度を先に水換えするだけでも問題がかなり軽減できます。
      これはドボンに関係なく病気から完治した金魚を戻す時や
      他の水槽から金魚を移動したり追加する時に
      半分程度の水換えをするだけで、金魚が受けるかもしれないダメージを軽減できます。
      新しく綺麗な水で問題物質を薄める感じです。
      勿論、水質検査薬があればその方が確実です。

  4. こんにちは、金魚部さん。
    早速のお返事、ありがとうございました。
    教えていただいたとおりに検査薬で確認後、無事ドボン完了です!

    それにしましても、今回も目からポロッと鱗が落ちました。
    塩水を薄めていって、徐々に真水に戻せばいいとばかり思ってて・・・
    飼育水を使って「飼育水に戻す」んですねぇ~~。
    おお~~!考えがいたりませんでした・・・。

    ありがとうございました。
    どうぞこれからもご活躍ください~~♪ (^-^)

    1. そうですね。
      塩水>真水>飼育水だと金魚への負担が大きくなるので
      徐々に薄める場合でも戻す予定の水槽の飼育水を使います。
      ただし前のコメントに書いたように事前に清潔にしておく等の注意が必要です。

      判断で迷われた時は
      ◆環境の変化を何度も何度も経験させない事
      ◆急激な水質や温度の変化を避ける事
      ◆あまり長い期間不安定にしない事
      が重要です。
      少しの変化ならサッと変わっても金魚は対応します。
      最後に最も重要なのは
      ◆その後の環境を暫く安定させる事
      これは水質だけでなく温度もです。
      そうすれば治療後も問題なく元気な状態がキープできます。

    1. 風林火山さん こんばんは。
      この先が見られないまま死なせてしまった事は残念でなりません。
      実は現在飼育中の3世には このタイプの尾を持つ個体が5匹以上確認できています。 未だ未だ小さいですが この中の1匹でもトサキンのようなカールした尾に育てられればと期待しながら飼育しています。

コメントは受け付けていません。