生餌研究所 イントロダクション


未だに懲りずに生えさを探す旅を継続しています。

【 注 意 】
生餌は人工餌よりも分解しやすく消化が良い反面
そのことが理由で水を汚しやすいので
水質管理がとても難しくなりやすく 水換えのしすぎで濾過装置の安定を崩し崩壊させる事が多くあります。
もしこのような問題に直面したり、立ち上げ間もない水槽に生餌を与えようと思われている方は
完全な安定を確認するまでは 人工餌(特に水を汚さないと書いている製品)をご利用ください。
生餌と比べると人工餌の多くは水質管理がウソのように簡単です。
以下に危険度を示しておきますので参考にしてください。
★★★★★ かなり危険 水が直ぐに汚れます
         (残っていれば最悪、完食してもかなり汚れます)
★★★☆☆ それなりに量や頻度を注意しないと危険
★☆☆☆☆ 人工餌よりは危険
☆☆☆☆☆ 人工餌より安全
評価は僕の経験によるものなのでTVのCM風に言えば
※個人の意見です
になります。 あくまで参考程度に入れておきますが
★★★★★ は それなりに大変な経験をした事を示しています。
評価が無い餌は 経験値が低く未だ判断できないと言うことです。

【生えさを探す方法】
最初にどのようにして探すのかの話ですが
与えるべきではないものを良く調べてそのリスト以外で考えます
しかしリストからもれている与えないほうが良いものもあると思うので
最初は 粉餌のパッケージの裏に書かれている原材料名を見てそれらからはじめると安心です。
大豆(きなこ)、卵黄、わかめ、フィッシュミール、エビミールなどもここのリストから選んでいます。

現在、僕は主に 良質のたんぱく質を含むものを中心に調べています。
人間の為の指標しかありませんが上位に海産物も多いのでこの記事の途中に書いている 由来成分 との関連もあり、アミノ酸スコア100のものから選ぼうと探しています。
代表的なものは、卵、大豆、豆腐、納豆、サケ、イワシ、シジミ、かまぼこ、などです。

簡単な危険餌のリストは昔の投稿の 
(→)餌の種類と注意点
に書いていますので参考にしてください。
あまり追加していませんが見つかり次第追記していきます。

【選択基準】
最初は 卵の黄身などに始まり、徐々にエスカレートしましたが、最近は地道に探す作業を継続中という感じです。
僕が気にしているポイントは

◆栄養価
◆消化のしやすさ (糞の量)
◆食いつきの良さ
◆保存性
◆与えやすさ
◆コスト

などです。
現段階では全てでハイスコアを出せる 苔 が一番ですが
冬の事も考えて別の選択肢も探しています。
特に冬に関しては消化の良さは最重要要因なので重視しています。

【苔など】
◆苔 ☆☆☆☆☆
に関して簡単にまとめておきますと
その消化の良さには驚きます。
糞の長さが他の数倍になるからですが
これは水槽の苔を洗い流した経験があれば分かると思いますが
全てはすぐに分解してジュースのようになりますので消化は抜群です。
しかし夏の苔には違いがあります。
太陽光を浴びすぎると苔は髪の毛のように伸び
これは消化が悪いだけでなく金魚があまり好んで食べなくなります。
長くならずとも春の苔に比べると夏の苔の人気は低いので味か何かが違うのかもしれません。
そして保存性に関しては水槽に24時間存在できるのでこれを超えるものはありません。
コスト、与えやすさも同様に考える必要すらないので満点です。
栄養価は良く分かりませんが、苔を食べている全ての魚の成長が他とは比べられないレベルなのでこれも満足しています。

現在の目標はこれを超えるものは無理でも可能な限り近いものを探そうというもので手始めに似たようなものを紹介します

◆海のり
これは水にしばらく浸すと苔そっくりになります。
分解のしやすさも水分量も理想的になるので期待していますが
食いつきの良さが良くありません。
まだ結論を出すには早いですが あまり食べてもらえないので
結果的に糞の量jもさほど長くなりません。
韓国海苔や味付け海苔も試してみようと思います。

◆わかめ
増えるワカメちゃんをフードプロセッサーに掛けて粉々にしてから吸水させると
増えちゃって大きくなりすぎたので、今度は吸水後プロセスして何とか細かくピューレ状になりましたが
何故か金魚が逃げまくります。
なにか恐怖を感じる匂いがするのでしょうか?
これは完全にNGで諦めました。
粉餌の裏などを読んでいるとよく 海草粉末 という文字があるので食べそうなのですが
何かに混ぜないと無理です。 

一方で、ある研究を読んでいて面白い事を学びました。
日本語では由来成分と訳すべきなのか分かりませんが
動物は自分の環境に由来したものを好んで食べ、消化吸収も優れ身になりやすいということでした。
つまり海の生き物には海で捕れた餌がよく、陸の動物でも暑い場所ならその場所のトロピカルフルーツなど 環境システムの中にあるものを与えるべきだという事です。 また金魚(水の生き物)は海産物までを含んだ水の生き物関連が良いらしくカニやエビの殻はカルシウム補給に最適だといわれているようです。
これはビューラーちゃんの尾骨が弱いのでカルシウムを与える方法を探していて見つけました。
このことから、魚の身を食べさせて動物性淡白質を吸収させようと思い試してきたのが次のグループです

【魚類の身】
◆シーチキン ★★★☆☆
稚魚は好んで寄ってくるケースが殆どですが何故か成魚は皆落ち着きが無くなります。
物凄く怖がりますが 味は好きみたいで多くの魚が食べます。
しかししばらく怯えたように高速で泳ぎ続けます。
人生(魚生?)で一度も遭遇した事のないはずの大きな魚の匂いを本能的に見分けて危険を感じるのか?ただ単に臭くて逃げ回っているのか?分かりませんが 入れてみれば分かりますが 大騒ぎになります。
ブラインや赤ムシを喜んで泳ぐ時とは様子が違うので、こちらも見ていて怖いです。
これとワカメを組み合わせると最強で味も不味いのか殆どの魚が餌に近づかなくなります。
不合格水槽のメンバーだけお構い無しに全て完食してくれますが他では不評です。
ただ、食いつきは決して悪くないので与え続ければ慣れるかな?という印象です。

◆かつお・いりこ ★★★★★
だしパックの中身をプロセッサーで砕いて与えてみましたが
これは硬いので消化に問題があると思われる為
一度全てを煮て柔らかくしてから与えました。
同じく魚の匂いからか逃げる為あまり喰い付が良くありません。
これも不合格組みではご馳走扱いで完食でした。
あまると全て不合格水槽のメンバーが食べます。

◆釜揚げしらす ★★★★★
餌ではなく人間用に購入しましたが好奇心が抑えきれず水槽に投入
何故か大人気です。
釜揚げなので柔らかいし水分量も消化に理想的ですが
こんな高価なものを金魚に与えていると破産するのでこれは除外しています。
良く食べますよぉ という悪魔の囁き報告でした。

◆カニかまぼこ ★★★☆☆
同じく好奇心から与えました。
魚のすり身で出来ているのでこのカテに入れていますが
これは匂いが魚では無くなっているからか大人気です。
僕の中では冷凍赤ムシがコストのボーダーラインなので
これは微妙にオーバーですが全てが良いパフォーマンスなら採用しようと
現在も継続調査中の一品です。
しかし調味料が含まれる食品なので大量には与えられません。

【番外編】
◆ボウフラ 《2014.04.02 THIS contents have been revised》
これも好奇心から&生きた餌なので 与えました。
転覆知らずの青コンテナのメンバーを転覆させてしまったので
消化は良くないようなのでそれ以降与えていません。
英語では赤ムシと殆ど区別が無い名前なんですが大違いでした。

※上記は稚魚に関してですが、成魚には与えています。
《追記と修正》上記はボウフラが幼虫以降に成長してしまっていた場合に関しての表記です。
最近稚魚飼育に関してリサーチしていて与える時期(成長レベル)が不適切と判明しました。
正しくは産まれたばかりの赤い状態(冷凍赤ムシの更に赤ちゃんのようなサイズ)で与えるのが稚魚に与える時の正しいタイミングでした。
そのタイミングで餌として与えると最強のようです。
《追記と修正終わり》

※外部からの生き物(加工食品ではない生きたもの)は細菌の問題なども
 ありますのであまり安易に与えないほうが安心です。
これ以外にも同様の注意が必要なものの例として
◇田んぼや池から採取したミジンコ
◇冷凍赤ムシ
◇その他の生餌・冷凍餌
が同じようなリスクを抱えています。

◆パルメザンチーズ
塊で購入しておろし金で摩り下ろすと美味しいチーズです。
最初から粉のものは詳細は書きませんがお勧めしません。
粉状に摩り下ろしたものを与えますが良く食いつきます。
ただ、水質面からチーズを与え続けて大丈夫か?不明なので現在は中止しています。
特に何か問題が出たわけではないのですが不安要素があるからです。

◆エビのすり身 ★★★★★
エビを茹でてフードプロセッサーに掛けて細かくして与えます
少し高価で予算オーバー気味ですが良く食べます。
これはメインではなくエビを買ったとき一部を金魚に与えていこうと思っています。

そして最近
消化の良さ=分解の早さ=水分含有量の多さ
ということから 水分を多く含んだ 形が直ぐに壊れそうな柔らかい食べ物を狙いだしました。
特に人間の流動食にもなるものから探したのが豆腐です。

【水分量の多い流動食系=消化良】
◆豆腐 ★★★☆☆
きなこは長年与えてきたお気に入りの餌ですが
豆腐は更に多くの水分が含まれているので消化は抜群です。
僕としてはこれを皆が食べてくれると消化の面でも栄養の面でも安心なのですが
残念ながら食いつきが悪いです。
食べないわけではなく最後には完食しますが長い時間残ったままになることが多いです。
何かで匂いを付ければと思い粉餌を粉末にして混ぜたり色々していますが完璧な方法が見つかりません。
何とか慣れさせようと現在も与え続けてる最中です。

◆納豆 ★★★☆☆  《2014.04.02 THIS contents have been revised》
きなこよりも更に良いのが納豆ですが
これも好き嫌いが分かれる為食べない個体も居ます。
でも消化は良いので朝与えて夕方に糞を見られる餌の1つとして
時々与えます。
《追記》水質管理には十分に気をつける必要はありますが
少しの期間与え続ければ、殆どの魚が好んで食べる餌になります。
発酵食品のためか糞の出も良好で低温時でも与えられます。
(rタンパク質も16%程度とイメージよりは低いです)

◆ジェルフード
日本ではあまり語られていませんがアメリカでは10年ほど前から流行している自家製金魚餌です。
好きな野菜や魚肉やエビをフードプロセッサーにかけてそれをゼラチンで柔らかめに固めて食べさせると水中でバラバラにならず水を汚さないというアメリカンな発想の餌です。 レシピも人間の食べ物のように美味しそうなものが多く 怪しい雰囲気を満載したフードです。 ただしプロテインの塊であるゼラチンをあまり与えると金魚が肥満化する問題があり僕は未だ試していませんが、全て粉々にしてからゆるく固めているので 消化の良さは折り紙つきです。 だからこそ継続して与える為にはまず肥満化の問題を解決すべきですが未だに見つかりません。 

◆無糖プリン(茶碗蒸し) ★★★☆☆
これは数日前から始めたばかりでデータがありませんがそこそこ食べます。
もちろん自家製で砂糖は入れていません。 ゼラチンで固めるのではなく蒸す事で固めていますので茶碗蒸しとも言えます。 もともとヨーグルトや牛乳に手をだしたかったので好都合でした。 何かを加えればもっと食いつきが良くなると思うので入れるものを試行錯誤中です。
やはり僕はジェルフードに手を出すのを躊躇してしまい、考えた末、ゼラチンは使わずに、卵で固めてしまおうと思ったんです。 流動食の代表としてこれをしばらく調査してみたいです。

【保存方法】
これら全ては一度に何日分も仕込んでしまい
1回分に分けるように小さな氷を作る製氷機で冷凍保存します。
そうしないと毎回仕込む事になり時間的に継続が困難になるからです。

現在はこんな感じで調査中ですが いろいろ調べたり考えたりしながら行うので、時間のある時にしかできないので あまり進んでいません。 現段階では苔の次に有効と思う 卵の黄身 針子時代は水を汚しやすく苦労しましたが ここまで大きくなれば食べ残しがでないのでさほど問題が無いので週に2回ほど与えています。 これも消化の速さは特筆すべきレベルで食いつきも良いので外せません。 ちなみに一度冷凍したものを細かく削りながら与えると水に溶け出しにくく安心です。 また面白い事に、一度食べて糞として出てきたものと大量に与えすぎて残っていたものをスポイトで吸いだして容器に入れて数日忘れていたら食べ残しはカビに覆われましたが糞は全くカビが出ていませんでした。 色も黄色いままの見た目に殆ど同じものですが糞はカビが出ていませんでした。 その後直ぐに捨てましたがもう少し長く置けばカビが出たのか?今更気になります。w あとは最後に書いたプリンを模索して冬までに何か考えたいです。

「生餌研究所 イントロダクション」への4件のフィードバック

  1. こんにちわ。

    釜あげしらす!納得です。

    これは大型熱帯魚の生餌として小赤、メダカ、モエビを同じ水槽でキープしていた時に知ったのですが、

    金魚はメダカをよく食べます。たくさん与えるとグルメになるのか頭だけ残す様になります。モエビも口から出し入れしながら中身だけ器用に食べます。

    そして本当にビックリするくらい早く大きくなります。3㎝のガリガリ金魚が半月くらいで10㎝丸太の様な凄い金魚になり、大型熱帯魚の混泳魚化しました。

    メダカを食べた後の糞は銀色の様な灰色で分解すると鱗が出てきます。骨は分かりませんでした。

    殻が柔らかいタイプの巻き貝(種類がよくわかりませんが水草などに付いてくると厄介なよく殖える貝です。)も食べます。のどがギュリギュリ鳴りますよ!

    ジェルタイプの餌はよく食べますが鰓からのカスみたいなのが凄くて水が汚れそうなのでやめました。

    参考になれば嬉しいです。

    追伸

    ジェルフードはテトラ社から海水魚用の餌として市販されているものです。(クリル)

    1. こんにちわ

      >金魚はメダカをよく食べます
      >モエビも中身だけ器用に食べます
      > そして本当にビックリするくらい早く大きくなります
      なるほど色々あるんですね。
      僕の今回の目的は 消化の良い餌 を探す事で
      全ては 転覆病予防対策(冬に向けて)ですので
      大きくする必要は無いのですが、コロコロ太って欲しいとは思います。
      骨は何処にいったんでしょうね?
      消化したならカルシウム補給ができてかなり良さそうです。
      僕は煮干をカルシウム補給に与えていますが骨も頭も全てを食べてしまいます。
      面白いのは内蔵のような黒い部分(苦い部分)は ぺっ!て出します。
      消化のスピードは遅いと思うので今回のセレクションには入れていません。

      >殻が柔らかいタイプの巻き貝
      貝も高評価なのですが同じく消化の遅さが心配で外しています。
      赤ムシよりも遅い場合は赤ムシを与えるので現在のターゲットは
      赤ムシより早く消化される餌なのです。

      >ジェルフードはテトラ社から
      そうですか市販されているんですか?
      それは知りませんでした。
      金魚以外の世界は全く知識ゼロなので参考になります
      ありがとうございました。

      いろいろと情報ありがとうございます。
      僕以外にも、ココを読まれる方の参考になると思います。

  2. いろいろやってますね。うちは数がいるんでコケと人工飼料メインになります。
    海老は人間が食うのは高いですけど、つり餌のオキアミやスジエビなら安いですよ。
    あと、高い餌によく入ってるのはイカですかね。魚肉自体も赤身と白身がありますが
    高い餌は白身の魚粉だったかな?

    練り餌や炊き餌も消化良いですよ。養魚場に聞くと、炊き餌はいくら食っても
    すぐに出てくるから、腹を作るのに良いって言ってましたね。

    ジェルフードは私も色々調べたんですけど、作らずに終わってますね。
    あれって、動物性のゼラチンじゃなくて寒天じゃだめなんですかね?硬いかな?
    もしくは魚の煮物で出来る煮こごりは魚由来ゼラチンなんでどうかなとか。

    個人的に最高の餌だと持ってるのは残酷かもしれませんが、金魚の稚魚ですね。
    一時期だけの餌ですけど、前後で魚が大きく変わりますから。

    1. >海老はつり餌のオキアミやスジエビなら安い
      参考にさせていただきます。
      ちなみにシラスの中にも大量に入っていましたが何故かそのエビは食べずシラスばかり食べました。 エビにも美味しいとか不味いとかあるのかもしれません。

      >高い餌によく入ってるのはイカ
      イカミールも勿論チェックしていましたが
      僕がイカを食べないもので・・・個人的な好き嫌いで
      現在まで実験していません。 消化いいのかなぁ・・・

      >練り餌や炊き餌も消化良いですよ
      あ゜ーそれ書いちゃ駄目ですw
      練り餌は粉餌のほうに書こうと大切に隠しているネタなのです。
      炊き餌は知りませんでした。やってないので調べてやってみます。
      いずれも水分の関係で期待できますね。

      >ゼラチンじゃなくて寒天
      寒天は試した事ないですね・・・
      魚のコラーゲンとかはいいかもしれませんね吸収も良いでしょうし。
      今はまず手を広げず卵をベースに作ってみます。
      いっても直ぐに冬になるので急がないとと思っています。

      >最高の餌だと持ってるのは金魚の稚魚
      小さいうちは良いと思いますが鱗が出来て骨もしっかりしてくると
      消化の面ではどうなんでしょう?
      うちの稚魚はボウフラで転覆してましたので心配です。
      大きくする事に関しては未だ勉強中で何も実験していませんが
      現在のフォーカスは消化(=吸収)の良さ、特に冬のような低温時にも安心して与えられる餌探しの旅なので稚魚は除外です。
      大きくする為には良いらしいですね。

      まあ僕としては 転覆病 の撲滅というか
      自分の管理する水槽から2度と出さないようにがんばりたいので
      そのためには何とか探し出したいのが消化の良い餌なんです。
      大きく育てるとかより何より転覆させたくない。
      それさえ出来れば今は満足です。

      いろいろと情報ありがとうございます。
      僕以外にも、ココを読まれる方の参考になると思います。

コメントは受け付けていません。