エアポンプ 故障時などのメンテナンス法~水心編~


今回は水心編です。
これは多分、日本の観賞魚市場で一般向けに売られている中で最もデリケートな機構を搭載したエアポンプです。
ライバルのノンノイズが肉体派タイプのトップなら こちらはインテリタイプのトップだと思います。
どちらもすばらしい商品だと思うので現在も両方使用しています。
そして両者共にそれぞれの優れた部分が故障の原因になりやすいので以下にそのメンテナンス方法を紹介します。

このエアポンプは3つほどのサイズがあったと思いますが、現在は最も大きなサイズのもので10箇所ほどにエアを供給していますが、
そちらはまだまだ新品なので、使用期間が2年以上経過している小さなほうのエアポンプを使って説明します。
中身はツインになっていたり違いますが 原理は同じです。

エアの出が悪くなったり、音がうるさくなってきたらメンテナンスの時期ですが
特に水心は しばらく使わないなどすれば逆流弁のゴムがくっついて そのエアの量が落ちてしまいます。
※逆に使い続けていればこの問題はおきにくいです。
こんな時の修正方法に関してですが、まずは選択肢から紹介します。
修理に失敗して問題が出てもパニックにならず上位の選択肢を選べばOKです。

A) エアポンプごと買い換える!
駐車場にレヴェントンやバイロン等多数所有する方向き
ガソリンが無くなったからとディーラーに新しいベンツを持って来い!と注文するように
エアの出が悪くなれば華麗にリッチに新しいエアポンプを注文! 

B) 専用交換ユニットを買いユニット交換 
日本の経済はワシが支える!という方向き
邪魔臭いのは苦手、簡単大好き!
そんな方にはドライバー1本でカバーを外し中のユニットを外して
新しいユニットをセットしてからカバーを閉じてビスを閉めれば完成
実質1分ほどで完了するこの方法がお勧めです。

C) パーツ交換
これは水心には用意されていないオプションなので選べません。

D) 気合で修理 ←お勧め
お金じゃないんだ!地球に優しく生きるんだ!という方は 
是非この方法で修理してみてください。
必要なのは 適度な肺活量 です。
※今回の修理に関しては特に失敗することは考えられませんが、
万が一、失敗した場合は B)を選択する事になるので 
本当にエアの出が悪くなった方以外は試さないほうが無難です。
この商品はかなりデリケートなので 満足している方はいじらないほうが良いです。

では、D)の説明です。


▲まず何をするよりも先に、エアストーンを付けて現在のエアーの勢いを確認し覚えておくか記録しておいて下さい。
※製品に何の問題も無ければ以下の事はやらないでください。必ず後悔します。


▲まずドライバーで裏のビスを全て外してカバーを開けます。
中はシンプルな構造で メインのユニットは簡単に外せるようになっています。

※ここからは皆さんは未開の地なので 元に戻せる自信の無い方、特に、分解すると必ずビスなどのパーツがいくつか余る方は 必ず写真を撮るなどしてもとの状態を確認できるようにして進んでください。

ピカピカ光る柔らかい黒いゴムが見えますでしょうか?
その上にナットが付いていますが、これは触らず、
▼裏のビスをドライバーで外します。


▲すると乳白色のプラスチックのまるいパーツが取り外せる状態になるので、ゴムをゆっくり外してパーツを外します。
ここまで来れば あと1歩です。
※元に戻すときこの写真のように黒いゴムがしっかりとまるい乳白色のパーツを覆うようにしてください。 途中に隙間などがでて不完全ですとエアが漏れてしまうのでこの部分はきちんと戻してください。
※このまるいパーツは片面の2箇所のみに小さな突起がありこれを本体の穴にはめて取り付けるので分解の前にこの突起の位置などを良く見ておいて下さい。
(写真にも写っています。確認できますでしょうか?)
反対向きに取り付けたりすると元に戻らないように設計されているので、元に戻すときはまずこの2つの突起の位置を確認して向きを判断してください。
※簡単に言えば 組み立てるときは上の写真と同じように組み立てないと元に戻りません。


▲このパーツは空気の逆流防止弁が表と裏についています。
上の写真の場合は 右側の穴が4つある部分を以下の方法で吹きます。

※ここではどちらが表か裏かは気にせず最初に決めたほうを表と考えて読んでください。
両方に同じ事をするだけで 順番などは関係ないのでOKです。

長く使わない時などにここが塞がってしまう事でエアーが出にくくなります。
これを表から勢い良く口でぷぅーーーーっと吹きます。
空気が漏れないように口を付けて圧力をかけるように吹きます。
何度か吹くと、抵抗が無くなり空気がスムースに出るようになります。

逆の面(裏)にして、もう1箇所も同じように勢い良くぷぅーーーっと吹きます。
これも何度か繰り返すと抵抗がなくなります。
これでメンテ完了。

全てを元通りにしてください。
このとき最後の4本のビスは締めずにエアストーンを繋いで先ほどと比べてパワーアップしているか確認してOKなら完全に閉めて完了です。
イマイチならもう一度分解して ぷぅーーーっと吹く作業を行います。
詰まる場所は2箇所です。棒のようなものが出ている裏から吹きます。
同じ場所を裏&表から吹いても駄目です。

ノンノイズ編に関してですが
数ヶ月前、稚魚飼育の直前に全てメンテしてしまい現在壊れかけているものが無いのでもう少しお待ちください。
壊れ次第投稿します。

「エアポンプ 故障時などのメンテナンス法~水心編~」への6件のフィードバック

  1. 大変助かりました♪( ´θ`)ノ
    うなぎの為に買い替えて投げてあった
    古いのを直しました!

    1. YADAYUMIKOさん こんにちは。
      ありがとうございます。
      当初、かなりマニアックな内容なので需要があるか?心配してましたが、お役に立ったなら嬉しいです。

    1. パパさん こんばんは。
      この時期はエアレーションが大切ですので
      お役にたって良かったです。

コメントは受け付けていません。