上部ろ過装置を付けた水槽の手抜き水換え

(→)上部ろ過を稚魚に使う方法
をご利用の皆様に、更なる便利な耳寄り情報です。


▲実はここを抜いて
(上部ろ過装置のポンプのコンセントを抜きます)


▲ここを抜いて
(ポンプの上部にある水の出る部分を外します)


▲ここに差して
(片方をバケツ等に入れたホースを繋ぎます)


▲ここに差すと
(コンセントを差し直します)

3番水槽さん水換えスタートです
▲じゃーーーーーーっと出るのです。
多分3枚目の写真で9割の方にはバレてたと思うオチですが・・・気にしない。

お風呂ポンプすら要らない手抜きな水換え@上部ろ過でした。
※ご使用の上部ろ過装置の接続パイプをお調べのうえご購入ください。
※使用したホースは内径18mmと通常のものより太いサイズです。
1mで200円くらいです。
ホムセンのお兄さんが少し長めに切ってくださったので1m20cmくらいあります。
人の好意はありがたくお受けするという事でそのまま使用してます。
あと18cm長かったら!とかいうシチュエーションで大活躍する予定です。
また現在使用中のお風呂ポンプのホースがぴったりと差し込めるので
あと1m15cm長かったら!というシチュエーションでも活躍する予定です。

少しだけ水を換えるときはこの方法で水を抜き、次にサイフォンで新水を入れれば
飼育者も稚魚も負担の無い楽々水換えができます。

24時間稼動しているので、もはや稚魚を吸い込む事も無いこの安全なポンプを使う事で
デリケートな問題を回避するという荒業です。
ここにポンプ式のろ過を無理やり稚魚に使う事の美学があります。
どうでしょうか?
プレミアムロールケーキやってみたくなりましたか?
まだ実施されていない方は
詳しくは
(→)上部ろ過を稚魚に使う方法(akaプレミアムロールケーキ)


▲ちなみに水中ポンプのこちら(aka池に不法投棄されたペットボトル)も
同じように


▲じゃーーーーーーっと出るのです。

このようにホースを付け替えればそのまま安全に水が抜けますので
作業がとても楽で楽しいです。

またサイフォンも水槽の配置を少し工夫すると楽になります。
サイフォン用のバケツを上に載せて安定する程度に距離を開けるだけです。

サイフォンが行いやすい距離に水槽を配置します
▲こうすれば、サイフォンのために台を用意しなくて済みますし安定感も抜群です

稚魚飼育用20リットルコンテナ2基
▲コンテナでも同じです

プチネタでした。